MENU

葉酸サプリを飲んで感じた口コミ

葉酸のおかげかわかりませんが、ようやく妊娠

私が33歳過ぎてからの結婚ということもあり、年齢が高いためかなかなか子宝に恵まれず悩んでいました。特に直接姑などに言われたわけではありませんが、やっぱり長男の嫁ですから、なんとか子供は作らないと、早く作らないと、と焦っていました。3年経過しても子供ができませんでした。3年というとそんなに長くはないと思うかも知れませんが、正直女はタイムリミットがありますから、やっぱり焦るんです。
いろいろと不妊について調べていろいろ試してみました。正直不妊治療も考えていた矢先に、葉酸サプリメントのことを知りました。というか、妊娠したら葉酸が必要ということは知っていたんですが、妊娠率もアップする、なんてことも書いてありましたし、実際に飲んで子供ができたという方もいるので、試してみました。旦那も協力的で、雑誌を読んで「俺も飲んだ方がいいんだな」と言ってくれて2人で飲み始めました。
それから3ヶ月くらい経過してから、なんと念願の妊娠です。もちろん、葉酸サプリメント意外にもしっかりと体温をつけたり、ウソっぽいネタすら試してみましたので、必ずしも葉酸だけのおかげで妊娠したとは言い切れないかもしれません。ただ、妊娠できたのですから、この際どれが効いたのかなんて関係ありません。もしかして全てが少しづつ聞いてくれたのかもしれません。
不妊で悩んでいる方は、「絶対子供ができる」とはいいませんが、試してみる価値はあるかもしれませんよ。少なくとも胎児の奇形のリスクを防ぐには妊娠前から葉酸サプリメントを飲んでいたほうがいいんですから。

 

元気な赤ちゃんが生まれました

私は、妊娠する前からたまごクラブとか妊すぐとか好きで読んでいたので、妊娠したらしてはいけないこと、すべきことなど完璧でした。当然葉酸についても知っていましたし、どんな効き目があるのかも知っていますし、妊娠する前から飲み続けていました。
葉酸サプリメントのおかげかはちょっとわかりませんが、結婚して子作りをスタートさせたらすぐにできちゃいました。幸い、つわりもそれほど酷くありませんでしたし、太らないようにも気をつけていたので、妊娠高血圧症候群にもなりませんでした。それよりも懸念していた奇形などの先天性異常も妊娠中の検査では問題なかったのです。これも葉酸サプリメントを飲んでいたからかな、と思っています。葉酸サプリメントを飲まなかっただけで、赤ちゃんに万が一のことがあったら後悔してもしきれないですからね。
そして順調すぎるくらい順調に赤ちゃんも育って、なんと予定日ピッタリに陣痛が来て、5時間後くらいには生まれちゃいました。正直、エコー検査で問題なしといわれていたとしても、心のどこかでは問題があったらどうしよう、元気がない赤ちゃんだったらどうしようと不安でした。ですが、産まれてみれば3299gの元気な男の子で、一切問題はありませんでした。これも葉酸サプリメントのおかげなのでしょうか。
実際、葉酸サプリメントを飲まなくても元気な赤ちゃんが生まれていたのかもしれません。だけど、万が一のことも考えてやっぱり万全にしないといけないと思います。生まれてきた赤ちゃんの顔を見て、自分が頑張ってきたことが間違いじゃなかったと確信しました。

 

食事だけで葉酸の摂取は無理

昔から私は薬とかサプリメントなんて信用していませんでした。栄養のある食事をしっかり摂取すれば、病気なんてしないし、サプリメントで栄養なんて摂らなくてもいいと思っていたんです。バランスのいい食事を摂取していれば、やっぱり病気はしにくいでしょうし、サプリメントなんて健康補助食品なんですから、食事で栄養を摂れれば本来不要なものなのですから。
ですが、妊娠した時には話は別でした。雑誌にも記載されていましたし産婦人科医にも「しっかりと葉酸を摂取するように」言われていましたので、葉酸を480マイクログラム以上は毎日摂取しなければいけないことになりました。最初は、ホウレンソウとか葉物の野菜で摂取しようとしました。ところが、そのためには大量の野菜を食べないといけず、とても無理ということが身にしみてわかりました。ならば、レバーとかウナギだとそれ以上の葉酸があるから、これを食べれば、と思ったんです。ところが、これらの食材にはビタミンAが大量に入っていて、妊婦には天敵だったんですね。しかも数日はよくても、何ヶ月も食べ続けることなんて無理でした。
産婦人科医にも「とても葉酸を毎日480マイクログラムなんて無理です。」と問い詰めたところ、「葉酸サプリメントなら簡単だ」とあっさり。サプリメントなんて、と固辞していたんですが、結局食事だけで葉酸を摂取できないのは明白でしたし、一番困るのは私ではなく赤ちゃんだ、と思うと意地を張っている場合じゃないなと思いました。実際、いろいろ調べてみると、厚生労働省でも食事以外で葉酸を400マイクログラム摂るのが望ましいとのことでしたので、やっぱりサプリメントしかないんだなと思いました。そのおかげで、元気な赤ちゃんが無事生まれました。

 

つわりの時の栄養源に

結婚して1年くらい過ぎたころ、念願の子供を授かることができました。妊娠が分かった時には、すっごく嬉しいのとともに、がんばって元気な赤ちゃんを産むぞ、と張り切っていたものです。そして、しっかり栄養のあるものを食べて、お腹の中の赤ちゃんもどんどん大きくなってちょうだい、と思っていたんです。
ところが、それもつかの間、史上最悪のつわりが始まったんです。つわりは個人差がある、といいますが、私のつわりは本当に食べられないんです。赤ちゃんのために栄養のあるものを食べないと、と思って無理矢理に詰め込んでも、すぐに吐き出してしまう始末。栄養をあげられなくてゴメンね、と吐きながら泣いていたものです。
実際、食べなくても何とか赤ちゃんは育つそうですが、やっぱり栄養は摂ったほうがいいようです。そこで、旦那が買ってきてくれた鉄分やカルシウムなどが入った妊婦専用の葉酸サプリメントでした。苦しいつわりのため、忘れていたんですが、妊娠したら葉酸を摂取しないといけないんです。どうなんだろう、これも飲めなかったら…、と心配しましたが、さすがにサプリメントは大丈夫でした。しっかり葉酸を摂取できるだけでなく、貧血を防げる鉄分とか、カルシウムとか1日の摂取目安量を1日分で摂取できるので、とても安心です。
もちろん、葉酸サプリメントだけでは十分な栄養が摂れているわけではないでしょうが、それでも体調は良くなりましたし、赤ちゃんに最低限の栄養を与えられていると実感できてうれしかったです。

 

葉酸を知らなかった…でも無事出産

昔から私は物事をちょっと簡単に考え過ぎるところがあります。結婚した旦那も同じような性格で、ずぼらなところもあるものです。私の周りの友達は、初めて妊娠したら、たまごクラブとか、専用の雑誌をくまなく読んで勉強していたみたいですが、私は一切していませんでした。もちろん、定期検診には行きますし、タバコやお酒は飲まないようにしてました。
妊娠後期に入ってから、仕事も産休をとりいろいろと妊婦さんと話をする機会が増えました。そんな時に話題になったのが葉酸だったんです。今の妊婦さんは知っていて当然みたいだったんですが、私は葉酸という言葉自体始めて聞きました。まぁ、特に関係ないだろう、しっかり栄養摂ろうってことだろう、と思っていました。
ただ、みんながあまりに言うものですから、ネットで検索してみたんです。すると、葉酸不足だと赤ちゃんの先天性異常を引き起こすリスクが高くなるとのことでした。しかもそれは妊娠初期が大切とのこと。一気に私は青ざめました。まさかそんなことがあるなんて、私の赤ちゃんは大丈夫なんだろうか、と心配になったんです。実際、葉酸サプリメントはおろか、葉酸が多く入っている食品なんてあまり食べていない、絶対目安量に足りていなかったんです。
産婦人科で怖くなって聞いてみると、「問題ない」とのことでした。ただ、それでも生まれてくるまではとても心配でした。その後、無事男の赤ちゃんを出産、心配をよそにどこも悪いところがない元気な赤ちゃんが生まれてきてくれました。母親になって、子供を溺愛するようになり、この子にそんなリスクを高くしていたなんて、ダメな母親だと後悔しました。2人目はしっかり葉酸サプリメントを飲もうと思います。というか、すでに2人目に備えて飲んでいます。