MENU

葉酸の主な効果と働き

妊娠しているとき、特に妊娠初期には葉酸の摂取が推奨されています。葉酸はビタミンB群の仲間です。
身体の細胞を作る手助けをしてくれます。貧血の予防にもなります。胎児の成長を助けてくれ、遺伝子異常による奇形児になるのを防いでくれます。葉酸はビタミンB12とともに、赤血球を生成する手助けをしてくれます。
鉄分を摂取するとともにこの栄養素を摂ることで、赤血球は作られます。鉄分を摂るだけでは貧血は防げないのです。さらに葉酸は悪性貧血という赤血球が大きくなりすぎてしまう症状も予防してくれます。
貧血の人にとってこの栄養素はなくてはならないものであり、血を多く必要とする妊婦には必須です。細胞を作るとき、DNAという遺伝子情報が元にされますが、葉酸はこのDNAの成分、核酸の生成にも関わっています。
これがうまくいかないと遺伝子異常による症状を引き起こしてしまいます。奇形児やがんもこの細胞の再生がうまくいかないせいだと言われています。特に細胞の分裂を繰り返して成長する胎児にとって、正しい細胞再生に必要な葉酸の存在は不可欠です。
葉酸とビタミンB12に組み合わせは、そのほかにもいろいろな病気の予防になります。アミノ酸の生成により、心臓病や動脈硬化を予防する効果があります。肺がんになる可能性が低くなることもアメリカの研究で分かっています。
他のビタミンとともに身体に必要な健康維持をもたらしてくれるので、特に栄養が必要な妊娠期には意識して取る必要があります。

葉酸が足りないとどんな影響が出るの?

妊娠中に特に必要になってくる葉酸。
妊娠時には通常時の1.5倍程度の量が必要だと言われています。

 

もし妊娠中に葉酸が足りないとどのような影響が出るのでしょうか?

 

・神経管閉鎖障害(無脳症や二分脊椎)などの先天性異常のリスクが高まる
葉酸には細胞分裂を助ける働きがあります。
その葉酸が欠乏してしまうと、細胞分裂が正常に行われず
先天異常になると言われています。
現在でも分娩10000件に対し6名の発症率があると言われていますが、
葉酸を摂取することによりこのリスクを70%程度軽減できると言われています。

 

 

・貧血になり赤ちゃんに十分な栄養が行き届かない
一般的にあまり知られていないかもしれませんが、
血液を作るためには鉄分、葉酸、ビタミン12が必要なのです。

 

もし葉酸が足りないと赤血球の生成が上手く行われず、
正常な働きが出来ない赤血球が生まれます。
これにより酸素を運ぶ力が劣り貧血を引き起こします。

 

あくまで妊娠時赤ちゃんに関する影響をまとめたものであり、
それ以外でも影響はあります。

 

妊娠時には赤ちゃんが母親の栄養を吸収し育つため、
葉酸不足に陥りがちです。
通常葉酸は食物から摂取できますが、
体内に取り込む際におよそ50%程度しか利用できないと言われています。
そのため厚生労働省から妊娠時には栄養補助食品(サプリメントなど)から葉酸を摂取することが推奨されています。
考え方は人それぞれでひとによっては必要ないと考えられていますが、
もしあなたの赤ちゃんにこの様な先天異常があればどのような気持ちになりますか?

葉酸を摂り過ぎるとどうなる?

妊娠中は通常よりも葉酸の必要量は多くなります。
厚生労働省が通常の食事以外から摂取する推奨量は妊娠初期で400μg程度と明記されています。
でも葉酸は取れば取るほど良いといったわけではありません。
葉酸の1日の摂取上限量は1000μgでそれ以上摂取すると様々な健康被害を誘発する恐れがあります。
症状としては吐き気、食欲不振、むくみやめまい、不眠症などです。
酷くなると発熱や蕁麻疹が生じるといった報告もあります。

 

さらに妊娠後期に葉酸を多量に摂取し過ぎると、生まれてくる赤ちゃんの喘息発症リスクが高まるといった報告もあります。

 

とはいえ葉酸は妊婦さん、特に妊娠初期にはとても重要な栄養素であることに変わりありません。
赤ちゃんの成長を促進し、健康を維持していくためには葉酸は必要不可欠なのです。
1日の目安量を守りながら続けていくことが、ママと赤ちゃんの健康につながります。

 

妊娠中は通常よりも葉酸の必要量は多くなります。
厚生労働省が通常の食事以外から摂取する推奨量は妊娠初期で400μg程度と明記されています。
でも葉酸は取れば取るほど良いといったわけではありません。
葉酸の1日の摂取上限量は1000μgでそれ以上摂取すると様々な健康被害を誘発する恐れがあります。
症状としては吐き気、食欲不振、むくみやめまい、不眠症などです。
酷くなると発熱や蕁麻疹が生じるといった報告もあります。

 

さらに妊娠後期に葉酸を多量に摂取し過ぎると、生まれてくる赤ちゃんの喘息発症リスクが高まるといった報告もあります。

 

とはいえ葉酸は妊婦さん、特に妊娠初期にはとても重要な栄養素であることに変わりありません。
赤ちゃんの成長を促進し、健康を維持していくためには葉酸は必要不可欠なのです。
1日の目安量を守りながら続けていくことが、ママと赤ちゃんの健康につながります。