MENU

葉酸サプリは妊娠初期でから必要?いつから飲むべきなのか

葉酸が妊婦さんに必要って聞いたことありますよね?
でもいざ葉酸のことを調べると色々ありすぎて大変!
そんな方の為に分かりやすく纏めてみました♪
是非参考にして元気な赤ちゃんを産んでくださいね^^

 

なぜ葉酸は妊婦さんに特に必要なのか?
葉酸はサプリから摂取する必要ってある?
葉酸サプリはいつから飲み始めるべきなのか?
妊娠中でも葉酸サプリは飲むべき?
葉酸サプリを飲むならどれがいいの?

なぜ葉酸は妊婦さんに特に必要なのか?

葉酸には様々な役割があり妊婦さんにのみ必要ってわけではないのですが、特に妊婦さんに必要な理由が
細胞分化や細胞機能を正常に保つ
 赤ちゃんが成長する際に細胞分裂を繰り返して成長していきますが、
そのサポートをするのが葉酸なのです。
もし葉酸が不足すると神経管閉鎖障害(無脳症や二分脊椎)といわれる先天性の病気のリスクが増加します。

 

血を作るのに必要不可欠

 

血を作るのに必要なのは鉄分!
そう思っておられる方も少なくないのでは?
実は血を作るために他にも葉酸やビタミン12が必要不可欠なんです。
葉酸足りないと赤血球が少なくなり貧血になってしまいます。

 

妊娠中に貧血になってしまうと赤ちゃんに十分な栄養が送れなくなり、
発育に影響が出てしまう恐れもあります。

 

 

葉酸はサプリから摂取する必要ってあるの?

厚生労働省の発表資料によると
「妊娠している女性に必要な葉酸の量は通常の食事で摂れる葉酸に加えてサプリメントなどの栄養補助食品から400μg程度」とされています。
葉酸不足になると上記のように先天性の病気のリスクが高まるとされているからです。
なぜ葉酸の摂取をサプリメントなどの栄養補助食品からとされているかというと、
葉酸は水溶性のビタミンでとても熱に弱く調理によって50%近くが失われてしまい、さらに体内に取り込まれてからの利用率も50%程度とされており
食事由来の葉酸の利用効率が不確定であることや、各個人の食生活では400μgの摂取が困難な場合があることをふまえ、
【サプリメントなどの栄養補助食品から400μgの葉酸を摂取するように推奨】されています。

 

ただし、
神経管閉鎖障害の発症は遺伝要因などを含めた多因子による複合的なものであり、その発症は葉酸摂取のみにより予防できるものではなく、一定量の葉酸の摂取により集団としての発症のリスクの低減が期待されるということであって、かならずしも神経管閉鎖障害の発症を防げるものではない。

 

葉酸の摂取の意義について情報提供する場合には、妊娠を計画している女性に対しては、妊娠中のみならず妊娠前からの適切な健康管理の重要性を周知させることが必要である。すなわち、妊娠中の健康と胎児の健全な発育のため、日頃から多様な食品で栄養のバランスを保つなど食生活を適正にし、妊娠中の禁煙・禁酒が不可欠であることなどを周知していくことが求められる。
参考資料:神経管閉鎖障害発症リスク低減のための情報提供資料

葉酸サプリはいつから飲み始めるべきなのか?

葉酸は血を作ったり赤ちゃんが成長する際に欠かせない栄養素です。
葉酸が足りていないと発症のリスクが高くなるのが神経管閉鎖障害ですが、
この系統が形成されるのが妊娠0週〜妊娠11週ごろ迄と言われています。
なので出来ることなら妊活の段階から葉酸は摂取しておいたほうがいいということになります。

妊娠中や授乳中でも葉酸サプリは飲むべき?

妊娠中は赤ちゃんに栄養を分け与える必要があるのでとても貧血になりやすくなっています。貧血状態が続いてしまうとお腹にいる赤ちゃんにも悪影響なので、鉄分はもちろん葉酸やビタミンb12も欠かさないようにしましょう。
また授乳中でも葉酸を摂取することにより母乳の出が良くなることが知られています。なので出来ることなら妊活〜授乳中まで読み続けたほうがいいでしょう。

葉酸サプリを飲むならどれがいいの?

妊活中の方や妊婦さんに葉酸サプリメントが必要ってわかったけどいっぱいありすぎてどれがいいかわからない!
そんな方も多いのではないでしょうか?
中には効果な割に中身はちょっと。。。って物もあるのでよく調べて買った方がいいでしょう!

 

葉酸サプリメントを選ぶ基準としては
葉酸の含有量が多い
合成型であるモノグルタミン酸葉酸であるか?
ビタミン12、鉄が含まれているか?
放射能チェックをしっかり行われているか?

妊娠中に葉酸が不足するとどうなる?

最近は良く聞かれるようになった葉酸という言葉ですが、妊娠前から葉酸が必要とされる意味を詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。
まず注意してもらいたいのが妊娠前から妊娠初期において葉酸が不足していると、先天性異常である二分脊椎症等の神経管閉鎖障害という障害を持つ赤ちゃんが生まれる確率が高くなると言われています。
二分脊椎症は軽いと無症状の場合もありますが、重い方だと下肢の麻痺や排泄障害、そして水頭症という合併症を多く伴うとされる病気です。
また障害が重度の場合には流産等で生まれる事すらかなわない場合もあります。
神経管は妊娠のごく初期において細胞分裂により出来上がるためです。
つまり、妊娠してから摂取をするのではなく妊娠を希望している方は妊娠する前から積極的に摂取するようにした方が良いという事なのです。
妊娠初期というとつわり等で思うように食事が摂れない時期でもあります。
その事を考えると妊娠前から積極的に摂取をしておくのが大切と言えます。
葉酸を多く含む食品はほうれん草等の葉物野菜や苺やみかん等の果物、納豆やレバー等様々な物に含まれていますがつわり等で上手く摂取できない場合は最近ではサプリメントも多く出回っていますので、上手に利用してみるのも良いかも知れません。
また、葉酸は初期は赤ちゃんの為ですが妊娠中期から後期にかけては妊婦さんの貧血の予防の為にも、意識をして摂取をするようにするのが望ましいとされています。

安全な葉酸サプリの基準は!?

葉酸は、細胞の成長に必要不可欠な栄養素の一つです。特に胎児が健康的に育つための助けとなることから、サプリで摂取する妊娠中の女性も少なくありません。
巷には、数多くの葉酸サプリがあるわけですが、葉酸が入っていればすべて安全というわけではありません。
では、安全な葉酸サプリの基準となるものはなにかというと、例えば葉酸に添加物が含まれていないのかということです。
無添加だから無条件で安全というわけでもないのですが、添加物の中には危険なものがあるので、成分を調べて体に悪影響がないのか調べてみましょう。

 

また、薬や健康食品では、天然由来の成分であれば、体に優しく安全だというイメージがありまりますが、天然由来の成分でも体に何らかの異常が出てしまうことがあるので気を付けなければいけません。
逆に合成されたモノグルタミン酸型の葉酸は、体に吸収しやすいように加工されているものなので、天然由来の成分よりも効果が高いとされています。高い効果を期待するのであれば、モノグルタミン酸型が最適です。しかしながら、ここでも注意するのが、吸収しやすいということは、過剰に摂取してしまうリスクがあるということです。サプリそのものの危険というよりも、購入者の飲み方の問題になります。
いくら健康に良い葉酸でも、過剰に摂取すれば、悪くすれば呼吸障害などを引き起こしてしまいます。
厚生労働省では、一日に摂取する最適な量の目安を出しているので、それを参考に容量を守るようにしましょう。

更新履歴